毒の長年の蓄積

「毒」による汚染が一定限度を超えると、不調が具体的な形となって表れます。

 

どこもかしこも毒だらけ。
これは本当にある怖い話。
でも、大切なのは毒の存在に気付くこと。

 

毒はどこにでもいて、人の体に確実に悪さをする厄介ものですが、幸いなことにわずかな量や短期間ならあまり問題ありません。
問題は「何年にもわたって、溜まり続けること」。
もしも毒が入り続けて体内の「ここまではOK」というラインを超えてしまったら・・・。

 

例えば、心身共にダイナミックな変化を遂げる子供の頃にそうした臨界点を超えると、アレルギーや情緒不安定として表れやすくなります。
成長が安定する20代〜30代の頃は、後々の大きな不調につながる萌芽が出てくる時期。
なんだかだるい、化粧ノリが悪い、ぜい肉がついてきた、体が冷えやすい、肩こりや頭痛で憂鬱・・・そんなあいまいな不調が表れ始めます。

 

そして、そのあとに本格的にやってくるのが生活習慣病発症世代。
毒の長年の蓄積などにより安全ラインを超えた量が、ドラスティックに影響するようになるのです。

 

 

 

ホットヨガ体験 | ホットヨガLAVAの体験予約はこちら